うつ病の主な原因であるストレスには様々な種類が

予防の方法

メンズ

うつ病の予防にはいくつかの方法があるので、この機会に学んでおきましょう。この病気を発症させてしまう原因としては、ストレスが考えられています。基本的に、このストレスをどう軽減させることができるかがポイントになってくるのです。まず予防の方法として、考え方を変える方法が挙げられます。一般的に二分割思考の方はストレスを感じやすいと言われているのです。完璧主義者に多い思考でしょう。例えば、テストの場合は100点満点中、60点が合格ラインだとしても100点でなければいけないと思っているのです。このような考え方の人間には中間を認めることが難しいとされています。基本的に人それぞれ合格ラインを設定していることが多いでしょう。70点取れれば満足という方や、80点なら満足という方など様々です。しかし、二分割思考の場合は、0点か100点かしかありません。その為、少しでも点数が足りないとストレスに感じてしまいます。これは様々な日常生活にも当てはまることで、ちょっとしたギャップからストレスを感じるでしょう。特に仕事では徹底的に完璧を求めるため、周りの人間とのギャップを感じることが増えてきます。これが原因でストレスを生じさせてしまうのです。完璧にこだわるあまり、余計な仕事にも全力を注ぐことも珍しくありません。すぐにストレスが溜まってしまうでしょう。メリハリをつけることができないのです。生真面目で几帳面な完璧主義者にうつ病患者が多い理由は、このような思考パターンが関わってきているのです。まずは、0か100かという考え方から治していくことが病気の予防に繋がります。仕事の場合は、この仕事は60点また、この仕事なら80点などといった感じでメリハリを付けて取り組むのが大切になってきます。そして、食生活の見直しもうつ病予防には大切なことです。一見、精神疾患と食生活は関わりがないように見えてしまいます。しかし、食生活の乱れは精神疾患を発症させる原因となることも多いのです。特に腸内環境の悪化には注意しましょう。セロトニンの生成にはトリプトファンが重要で、トリプトファンを含む食べ物を普段の食事に取り入れることで病気の予防ができるのです。これは、セロトニン不足によってうつ病を発症させてしまう可能性が高いのが理由でしょう。セロトニンの分泌を促すことで、ストレスを軽減させることができるのです。また、腸内環境の悪化はストレスと深い関係があります。腸内環境が悪化することで、神経伝達物質の生成にも悪影響を与えてしまうと言われています。バランスの良い食生活を心掛け、腸内環境を整えることでストレスに対して強い身体を作ることができるでしょう。ストレスを軽減させることができるはずです。また、太陽光に当たることもうつ病の予防には効果的と考えられています。特に、冬季うつは日照時間の変化が原因とされているのです。太陽光に当たる機会が少なくなると、この病気のリスクが高まるとされています。十分に注意するようにしましょう。また、散歩などといった運動も同時に取り入れることで病気の予防効果を高めることができます。軽い運動は、ストレスを軽減させる効果が高いのです。このような予防対策は誰でも手軽に始めることができるので、実践してみましょう。