うつ病の主な原因であるストレスには様々な種類が

女性と病気

近年、社会進出する女性が増えてきていると言われています。社会で働くとなると、大きなストレスが生じる機会も増えるでしょう。うつ病の原因はストレスなので病気のリスクも高まってしまいます。

白衣の人

患者のサポート

自分の周囲の人間がうつ病になってしまった場合は、サポートが必要になってきます。患者に対する言動が原因で治療が遅れることもあるので注意しましょう。やってはいけないことがあるのです。

ストレスの種類

カウンセリング

うつ病の大きな原因とされているのが、ストレスです。ストレスを理解することで、病気を予防する事ができます。このストレスにはいくつかの種類があるので、自分がどのようなストレスを感じているのか調べてみましょう。まず紹介するのが、社会的ストレスです。社会的ストレスは会社や学校などでの対人関係によって生じるストレスと言われています。会社や学校などでは様々な人間と関わることになるでしょう。仕事や勉強に対する重圧や期待からもストレスを生じさせてしまいます。社会的ストレスを一番感じやすいとされているのが、真面目で責任感が強い方です。特に几帳面な方は、他人とのギャップを感じやすいので注意が必要でしょう。いつの間にか社会的ストレスを溜め込んでしまっている可能性があります。このような真面目で几帳面な方は、自分が感じているストレスを自分一人でどうにかしようと背負い込んでしまうことが多いのです。自分一人でストレスを背負い込んでしまうと、余計に社会的ストレスを溜め込んでしまいます。やがて心も身体も壊れてしまうでしょう。特に社会人の場合は、仕事に対する重圧や期待から社会的ストレスを感じることが多いと言われています。仕事に対してストレスを感じているなら上司や同僚に相談するようにしましょう。さらに、うつ病の原因として多いと言われているのが、心理的ストレスです。基本的に、心や感情の変化から生じます。心理的ストレスは漠然とした不安や、自信の喪失、喪失体験などから生じるストレスです。一般的に仕事や勉強で挫折や失敗を経験すると、自信を失って落ち込んでしまいます。このように落ち込むことが多いと、次の仕事や勉強に対して自信を持てずにストレスを感じてしまうのです。また、親しい友人や家族、恋人との別れといった喪失体験によって落ち込んでしまうことからもストレスが生じます。特に、自分にとってとても大切な人間との喪失体験から生じるストレスは大きいので注意しておきましょう。また、心理的ストレスは感情を抑制しすぎることが原因で生じることもあります。特に怒りや悲しみなどの感情を自由に表現することは難しく、心の中で抑制していることも多いでしょう。感情を抑制しすぎると、心も身体も緊張した状態が続きます。心理的ストレスだけではなく、身体にも不調が出てくることがあるのです。特に頭痛や肩こりなどに苦しむことが多くなってしまうでしょう。頭痛や肩こりが生じると、余計にストレスを溜めてしまいます。うつ病を発症させてしまう可能性が高まってしまうのです。基本的に心理的ストレスは自信を取り戻したり、感情を表現することで発散することができます。ただ、社会人になると感情を表に出す機会も減ってくるでしょう。そのような場合は、趣味などに打ち込むと心理的ストレスを発散できます。特に、身体を動かすことで効率良くストレスを発散することができるでしょう。身体を動かすことが難しいという方の場合は、専門のサロンなどでマッサージなどを受けるとストレスを軽減することができます。また、自分一人になって静かに1日を過ごしてみるのも良いでしょう。ストレスから解放されることでリフレッシュすることができます。うつ病の予防には、原因の一つであるストレスを溜め込まないようにするのが重要なのです。

メンズ

予防の方法

うつ病の予防にはいくつかの方法がありますが、この機会にどのような方法があるのか学んでおきましょう。基本的に病気の原因であるストレスを軽減させるのが目的の方法です。